●イメージイラスト2枚●

【第2章連続搾精フェラチオ編より】
               
■サンプルテキスト
@
れろぉ〜…唾液で濡れたべろでいっぱいおちんちん下から上に舐め回しちゃいますよぉ♪ちゅるるっ…じゅるぅ…
ふっ…んふ…ちゅるる…れろれろ…こうやって…べろで押し付けるようにぺろぺろされると…ちゅっ…気持ちいいですよね?    
んはぁ…見てください、もう先走り汁が先っぽから溢れてきてますよぉ、よっぽど気持ちいいみたいですね。
さっきまで散々拒否してたのに、もう私のフェラチオ受け入れてるんですね♪
先走りの味も確かめさせてもらいますねー♪んちゅっ…ちゅっ…れろっ…れろっ…ふはぁ…
ちょっとしょっぱくて、口の中でネバネバします♪んちゅっ…それに、後から後からあふれ出してきますよぉ♪
はふっ…じゅるるっ…とってもおいしいですよー。やっぱりあなたは…ちゅるるっ…優秀な精子を持ってるのかもしれませんねー。
ん、どうしましたぁ?もどかしそうに腰震えさせて…
ふふ♪先走り汁舐めるのに、おちんちんの先っぽにしか触れてないからじれったいんですね♪
でも私も味とか確かめないといけないんですから、あまり急かさないでくださいよー。
ふふ♪おちんちんの先っぽから先走り汁がとろとろ垂れてますよぉ?んちゅっ…じゅるるっ…

A
じゃぁ、こーゆーのはどうですかぁ?べろで、おしっこの穴ちろちろしながらぁ…んちゅ…ちゅ…
れろれろ…えぃっ♪
うわぁ♪すごい反応です!おちんちんも体もビクッってして…一気に勃ち上がっちゃいましたよ♪
あは、口パクパクさせて、ちょっと刺激強すぎましたか?
舌先からおちんちんの穴の中にちょこっと電気を流したんですよ♪
あむ…ちゅるっ…ちゅっ…ちゅぱちゅぱ…はぁ…手足を動かなくしたのと同じ要領です♪
まぁ、今回のは快楽中枢をダイレクトに刺激するものですが♪
未来では、この刺激欲しさにアンドロイドとまぐわう人もいるくらいです。
でも、アンドロイドのないこの時代の人間には強すぎる快感かもしれないですね♪それとも癖になっちゃいますか?
ふふ、この時代では絶対体験できない快感です♪存分に楽しんでくださいね〜。
んちゅ、ちゅぶっ…べろ硬くしてぇ…じゅっ…おしっこの穴いっぱいほじほじしてあげますぅ…
もちろん、ちゅぱっ…さっきしたみたいに、たくさんビリビリ電気流してあげますからね♪
はふ…痛くはないはずですよぉ?気持ちよすぎて頭おかしくなっちゃいそうになるかもしれませ
んが…
じゅるっ…ちゅっ…ちゅぅ…絶対に射精できる方法です♪んじゅるるる…ちゅぱ…ちゅぱぁ…

【第4章強制クンニ&童貞喪失交配編より】

■サンプルテキスト
@
んっしょ…あは♪どーです?おまんこで顔面押しつぶされる感覚は?
苦しそうにもがいてます♪でも本当は幸せなんですよね?だって、作り物とはいえ、おまんこですよ?お・ま・ん・こ♪
今まで一度だって間近で見たことないんですから、感触をたっぷり楽しんでくださいね〜♪
ん、ほらぁ、しっかりべろ伸ばして唾液で濡らしてください?
べちょべちょにしてもらわないと、私のキツキツのおまんこじゃ、締め付けが激しくておちんちん痛くなっちゃうと思いますし。
このままじゃ窒息死しちゃいますよぉ〜?
ん…いい子ですね〜♪いっぱいべろ使って、奉仕してくださいね〜。
ん…ファーストキスもまだなのに、先におまんことちゅーしちゃうなんて、ふふ♪生意気ですよぉ。
ほらぁ、舐めやすいように、腰ちょっと上げてあげますね〜。
はぁ…何でしょう…いつも未来ではアンドロイドは人間に使われる側ですけど…
こうやっておまんこ舐めさせると…何だかすごく優越感に浸れますよぉ…ん…
そんな恐る恐るじゃなくてもっとべろべろしないといつまでたっても終わりませんよぉ?


A
ほらほら♪最初はゆっくり動かしてあげますねー。いきなり激しくしちゃうと、おちんちんすぐにでも爆発しちゃいそうですしぃ。
は…っ…もどかしいくらいゆっくり動かれるのはどうです?やわらかい壁で…ふっ…おちんちん擦ってあげますよぉ♪
あは♪だらしない声出ちゃってますよぉ、こんな弱々しいのに、持ってる子種は優秀だなんて…はぁ…もったいないです。
優秀な子種が無駄にならないように…こうして…有効利用してあげてるんですからぁ…ん…感謝してくださいよぉ?
おまけに…こんな快感まで与えてあげてるんですからぁ♪
はっ…本来だったら…無理矢理拘束して…家畜同然に、精液搾り取られてもおかしくないんですよぉ?
…実際…未来にはそういう悪質な研究機関もぉ、存在するんですからぁ…!
先にあなたに目をつけたのが…私たちで本当によかったですよぉ?ん…ちゃんと感謝してくださいね?
ん…どうしたんですか?腰がもぞもぞ動いてますよぉ?こんなゆっくりした動きじゃ満足できないってことですね〜。
童貞さんの癖にHなことにだけは一人前なんですね。生意気ですよぉ?
私の方が…んっ…断然経験多いんですからぁ、言うこと聞いてればいいんですよぉ。